にっこり*しあわせ


手作りのパンとお菓子の記録
by yukko-berry
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

にんにくみそ床

みなさんこんにちは☆

今日はめずらしくお料理の記事です。
といっても写真は出てきませんが・・・^^;

今日は私が作って愛用している
にんにくみそ床のご紹介です。

a0112689_13125086.jpg



これはみそとにんにくと酒をあわせ
味噌床を作り、それにお肉やお野菜などを
いれて、味噌漬け?を作るものです。

お友達が興味をもったようなので
ここに作り方を書いてみます。

<材料>(つくりやすい分量)

みそ・・・500g
酒・・・・カップ三分の一
にんにく・・1コ

作り方

にんにくは縦半分から四分の一に切り、
芯をとる。
ボウルに他の材料とともにいれて
よく混ぜ合わせ、密封容器に入れる。
冷蔵庫で保存する。
途中でかき混ぜたりする必要はない。

ポイント
みそは単一のものでもいいが、複数を
ブレンドするのもおすすめ。

上で作ったものを寝かせます。
10日から二週間後、味噌床がなじんできたら
漬け込みを開始。
最初に牛肉をつけると熟成が早まります。

ここからはその牛肉をつけるレシピ。
牛肉のカルパッチョの作り方です。

<材料>
牛肉(たたき用。塊)・・・200g(私は牛モモ塊を使ってます)
ねぎ・・・白い部分の千切り 四分の一本
青ジソ・・千切り 10枚分


<作り方>

1、なべに水を1ℓ、酒カップ四分の一を合わせて
煮立て、牛肉を入れる。
中火で5分ゆで、取り出す。

2、粗熱がとれたら水気をしっかりとふき
にんにくみそ床に漬けて一晩置く。

3、みそをふき取り、薄く切って器に盛り
白髪ねぎと青ジソをあしらう。

これを終えたら、熟成が進むので野菜や魚も
つけることができます。
つかり具合は味噌の塩分によって違うので
早めに取り出して味をみてください。

日常のお手入れはかき混ぜたりする必要はないです。
調味料として使うこともできます。
「漬けては使い」を繰り返すのが
美味しいみそ床に育てるポイントです。

堅くなったら大根など水分の多い野菜を漬けると
ソフトになる。
量が減ったら随時みそとにんにくを足してよい。


こんな感じでわかるでしょうか?
ちなみにこれはきょうの料理2006年4月号に掲載されています。

我が家の最近の定番は、夜ゆで卵を漬けておいて
朝取り出します。
この味噌漬け卵がお弁当の定番です^-^
簡単で美味しいですよ♪

よかったらためしてみてくださいね。
[PR]
by yukko-berry | 2009-10-23 13:29
以前の記事
タグ
フォロー中のブログ
おともだち
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧